爪に良いアロマは何/家で簡単ネイルアロマケア

爪のアロマケア

爪。。。

爪に関しては、ものすごく爪のおしゃれをしてる女性と、あまり気にしていない女性、すごく分かれるのではないでしょうか。

今はジェルネイルやマニュキュアなど爪のおしゃれがあたりまえになっている時代。

爪のおしゃれが大好きでジェルネイルなどでの爪の痛みが気になる方はもちろん、
マニュキュアなどはしないけど、水仕事などで乾燥しやすく二枚爪になりやすかったりなども気になりますよね。

今回は、爪に超簡単にできるアロマネイルケアをご紹介します。

爪はアロマオイルでネイルケア

爪が作られている部分は、爪の付け根にある爪母細胞(そうぼ細胞)という細胞です。

この爪母細胞が分裂して角化して爪がつくられます。

簡単に説明すると、爪母という漢字のとおり「爪を生み出してくれるお母さん細胞」が爪の付け根部分にいるという事ですね。

爪のケアは、この爪のお母さん細胞にしっかり栄養を与えて働きを活性化してあげることが大事なんです。

そして、そのネイルケアにピッタリなのがアロマオイル。

アロマオイルの中には、細胞分裂をしっかり活性化させるものがありますし爪に良いアロマオイルでネイルケアしてあげる事によって血行が良くなり、栄養もしっかりお母さん細胞に届いてキレイで丈夫な爪ができるんです。

爪におすすめなオロマオイルを選んでネイルケアを

爪をキレイに丈夫にするために、アロマケアがおすすめですが使うアロマ選びも重要です。

栄養を与えて細胞促進してくれて保湿作用のあるアロマを選びましょう。

そして、ネイルケアに特におすすめの精油は

  • レモン
  • ラベンダー

レモンとラベンダーこの2種類のブレンドをココナッツオイルで希釈してケアするのがおすすめです。

【レモン】

爪にはレモン

レモン精油は優れた血行促進作用と爪の保護力強化、甘皮と爪自体に栄養をしっかり与えてくれて爪を丈夫にツヤツヤにしてくれます。
実は、レモンには黄色く黄ばんでしまった爪も白くしてる美白効果も。

参照記事→ドテラのレモン(精油)のスゴイ効果と効能、使い方。一本あれば超重宝なスグレもの!

【ラベンダー】

爪のアロマケアはラベンダーラベンダーには皮膚の再生を促進する作用があるので丈夫な爪が生えるのを促してくれます。

参照記事→ドテラのラベンダーのエッセンシャルオイルの穏かな効果と効能

【ココナッツオイル】

ココナッツオイルに含まれているビタミンEは皮膚の血行促進や保湿効果に優れています。

ココナッツオイルで精油を希釈する事によって栄養を素早く爪に浸透させ、ベタつかずに爪をケアできるのもGOOD。

爪のアロマケア方法

爪のアロマケア方法

【材料】

  • ラベンダー1滴
  • レモン
  • ココナッツオイル

【方法】

  1. ココナッツオイルにレモンとラベンダーを数滴入れ希釈します。
  2. 爪の付け根を中心に指を一本づつマッサージします。
  3. その後、15分程放置、洗い流して終わりです。

(希釈したオイルは作り置きもよいのですが、できるだけ早めに使い切ってくださいね。)

ブレンドしているレモン精油には光毒性があるので、ネイルケアをしたあと数時間は日光に当たらないようご注意くださいね。

そう考えると、ネイルケアをするのは栄養分がゆっくり染み込んでいく夜のお風呂上りの血行が良くなっているときが一番おすすめで効果的です。

最後に

今回紹介したアロマブレンドは爪のケアにおすすめですが、
レモン、ラベンダー、どちらか一本でも市販のハンドクリームに数滴入れて手も爪もケアしてあげても良いと思います。

ただ、市販のクリームにはもともとの香りがあるので、これはお好みで試してくださいね。

error:Content is protected !!