アロマオイルを足の裏に塗る!?ドテラの足の裏に塗る不思議な秘密。

ドテラ/足の裏

肌に直接塗布できる事ができるエッセンシャルオイル(精油)というのが魅力的な1つのドテラのオイルですが、

「エッセンシャルオイルを足の裏に塗布する(塗る)」というドテラ独特!?の使用方法があります。

今日はその「エッセンシャルオイルを足の裏に塗る」というお話を簡単にしてみます。

スポンサーリンク
広告大

ドテラのオイルを足の裏に塗る!?

始めは、
「足の裏に塗ると良いよ」と言われた時は、本当にビックリしました。

足の裏!?

なぜ!?

ちゃんと浸透するの!?

誰でも始めはそう思うのではないでしょうか。。。

始めて足の裏にオイルを塗る事を試したのは、子供の急な発熱。。。

ドテラの知り合いに、「発熱は、ペパーミントを足裏に塗ってあげてね。」と言われて半信半疑で、塗ってみました。

それが、私が足裏に塗る。という行為を初めてしてみたときでした。

そして、子供の発熱も解熱剤も使ってないんですが、次の日の朝には子供の熱がスーっと下がってたんです。

ホントたまたまかもしれないんですが、でもこれはスゴイ!と実感しました。

参照記事→急な発熱!ドテラのペパーミントのパワーを借りて熱を下げる簡単な方法

それから、家族の病気の時はもちろん、自分の美容と健康のために足の裏にオイルを塗布するという事は、ちょこちょこしています。

毎日ではないですけどね。

足の裏にオイルを塗布する訳。。。

なぜ、エッセンシャルオイルをつけるのが「足の裏」かというと、
実は足の裏は体の中で、一番「吸収率」が高いそうで、足の裏に塗る事によって30秒で血流へ到着するとの事。

だから精油の効果効能が発揮しやすいんですね。

もちろんオイルの効果が表れて欲しい「部分」へ直接塗布することが一番いいと思いますが、例えば、肌が敏感な方や赤ちゃんなどは「足の裏に塗る」って本当にお手軽にできますよね。

あとは、直接部分的に悩みの大元に塗る事ができない時、例えば、頭痛や発熱、その他の体の不調でも足裏なら簡単に塗れます。

足の裏は第二の心臓。オイルを塗る、ツボ押し、マッサージでさらに効果アップ!

オイルを足の裏に塗る

第二の心臓と言われている足の裏には内臓の反射、抹消神経、ツボ、などが集中してます。

体調を整えるために「足ツボマッサージ」などもおなじみですよね。

足の裏を刺激すると、血流もよくなり全身が活性化されますので、
自分でも家族に塗ってあげる時でも、マッサージや足ツボ押しなどをしながら塗ってあげるとさらにGOODです。

ただ、足の裏は、女性は特にヒールやパンプスなどで足裏の角質ガチガチに厚くなりやすいので、ちゃんと足裏の角質をケアしてあげてから塗る事も大事になってきます。

足裏が何重にもかさなったガチガチの古い角質にオイルを塗っても浸透しにくいと思いますので。

つるつる、赤ちゃんのような手入れした足裏に、マッサージしながらオイルをつけてあげると本当に体の変化がすぐに出始めるかもしれませんよ。

最後に

足裏に塗るという事は、ドテラの独特な方法です。

いろいろな考え方も、理論もさまざまですので、信じる、信じない、いろいろあると思いますが、それも個人の自由だと思います。

まずは本当かわかんないけど、気軽にやってみよかな。というゆる~い気持ちが大事。

理論や理屈で固まっている脳は、もちろん良い事も幸せも引き寄せられないので、まずは、「気軽にやってみよ!」という軽い気分でやってみてください。

もちろん、体への効果が実感できたら嬉しいですし、なんか楽しい気分になってきますよ。

スポンサーリンク
広告大
広告大